ことり記

3年目バードウォッチャーの息子(9歳)の探鳥&日々の暮らしの記録。そしてときどき、弱った自分にかける言葉など。

鳥のこと

鳥のおもちゃ作り教室へ②

新座の駅でおばと待ち合わせ、
初めてとり村を訪ねると・・・。

建物の外に設えられた鳥のゲージに、
二羽でぴったり寄り添う
ベニコンゴウインコとルリコンゴウインコ、
タイハクオウム、キバタンに会えました。

みんなフレンドリーで、

「アオヨー(おはよー)」
「コンニチハ」
と出迎えてくれます。

動物園でしか見たことのない
大型のオウムたちを間近で見られ、
息子は目がハートになっていました。

 *

ちなみに、
息子がオウムに夢中になったのは、



を読んでから。

この本は、
オウムの賢さやかわいらしさ、
甘えん坊っぷり、
大型オウムとの暮らすことの
楽しさと大変さ、などなど、
細かなまでしっかりと描かれていて、
読み応えある良書です。

これを読んだあとの
息子の将来の夢のひとつに、
コキサカオウムを飼うことが
加わりました。

 *

さて、とり村に入ると、
息子だけでなく大人ふたりも
鳥との交流とおもちゃ作りに夢中になり、
写真を一枚も撮らなかったのが
いまとなっては悔やまれるのですが・・・。

ともかくも
それぞれのおもちゃが完成です▼

3人の作品 (2)

このほか、もう一つずつ、
とり村の鳥たち用にもおもちゃを作り、

その後は、そのおもちゃを、
施設内の鳥たちにプレゼントするために、
鳥たちの生活の場である
バックヤードに連れていってもらいました。

BlogPaint

お目当てだったオオバタンのダイちゃんに
自作のおもちゃをさっそくかじってもらい、
息子、はにかみ顔です(^з^)-☆
(▲TSUBASAの方が撮ってくださいました)

息子はペットショップに行って、
空調が効きすぎて寒そうにしていたり、
おもちゃなどなしで過ごしている鳥たちを見ると、
「ポー玉って幸せだよね。
好みのおもちゃで一日中遊んで、
好きなキビだけ食べてあとは残して、
水浴びもさせてもらって、
歌も歌ってもらえて……」とよく言っています。

が、とり村で、TSUBASAのみなさんの丁寧で、
愛情の籠ったお世話を受けている鳥たちを見て、
「里親さんが見つかったらもっといいけど、
村の鳥たちも幸せだよね」
と、しみじみ話していました。

次は、息子の愛鳥ポー玉が、
1歳を迎えて、ドックランならぬ
バードランにさんかできるようになったら、
いっしょに行きたい! と、
張り切っています。

鳥たちと、
親切なスタッフの皆さんのおかげで、
充実の時間になりました。






鳥のおもちゃ作り教室へ①

息子の愛読書のひとつで、
鳥と人との間に生まれた絆の物語を
やさしい言葉で綴った『鳥のはなし』▼



がきっかけで
「認定NPO法人TSUBASA」
https://www.tsubasa.ne.jp/
という団体のことを知りました。

TSUBASAは、飼い鳥(インコ・オウム・フィンチ)を
飼えなくなった方から保護している、
レスキュー団体です。

今日は、そのTSUBASAが運営している
埼玉県新座市のとり村のイベントに、
私と息子とおばの三人で参加してきました。

村の鳥たちと自分の愛鳥のために
手作りおもちゃをつくるというイベントです。
*作ったおもちゃのひとつ▼
(写真は、おもちゃを見上げる息子の愛鳥)

ポー玉おもちゃ5

おもちゃを作ったあとは、
とり村で保護されている鳥たちに
作ったおもちゃをプレゼントし、
遊ぶ様子を目の前で観察できるという、
インコとオウムに夢中の息子にとっては、
夢のようなイベント。

期待通り、オオバタンをはじめ
大型オウムから小型のインコまで
たくさんの鳥たちが生活するとり村で、
和やかで楽しい時間を過ごすことができました。

が、今日はもう遅いので、
明日は、このイベントのことを
詳しく書きたいと思います。

よろしくお願いします♪







巣立ったツバメ、巣に戻る。

夕方、息子と犬と散歩に出ると、
ツバメの巣が空っぽになっていました。

空っぽ0729

そうか、昨日体調を崩してダウンしている間に、
巣立っちゃったんだな――
そうかそうかと旅立ちを喜びつつ、
ちょっとしんみりしていると、
ピーンピーンと鳴き声が響きました。

声の方を仰ぐと、

0729ツバメ巣立つ

つばめが6羽、電線に下り立ちました。
うち2羽はしゅっとしたシルエットなので、
すぐ親とわかります。

一昨日まで、巣には5羽のヒナがいたけれど、
ほやほやの毛が残っていて、
飛び方もぎこちないヒナは、
4羽に減っていました。

0729危なっかしい

それでも、ツバメの親子とまた再会できるとは。
息子も「飛ぶの下手」とか言いつつ、
喜んでいました。
0729巣立ちたてほやほや


  *

公園の沼を一周して、
30分後くらいにまた巣の前を通ると、
電線にツバメたちの姿は消えていました。

あのヒナたちは、今ごろどこにいるのかな。
これから頑張れよ――
などと想いをいたしながら、
やや感傷的な気分で空っぽの巣を見上げると、


   エッ(゜ロ゜@)!!


0729出戻りびな2

ヒナたちが巣に戻っています。

1羽減っているのに巣はぎゅうぎゅうで、
たった2日の間にツバメたちが
どれだけ成長するか、よくわかりました。

20170728ツバメきょうだいかわいい

それにしても、
ツバメのヒナって、飛ぶようになってからも、
巣で寝るんですか。
たしかに、急に大人たちと同じねぐらに、
巣立ち間もないヒナまで入っては、
群れとしての統制をとるのも難しそうですし、
生き延びるのは大変だろうななどと
考えてはいましたが、発見でした。

0729出戻りびな

りりしくも、かわいいぞ!




ここからは、母のつぶやきなのですが・・・

私の目標のひとつに、
いつ息子が親ばなれを迎えても、
ぱっと気持ちよく手を離せる親でありたい、
というのがあります。
きっとその日までもあっという間なんだろうなと、
ツバメを見ていて感じました。

ヴァレリーの詩じゃないけれど、
息子の「独り立ち」いう風が吹いたら、
「さ、じゃあ自分の人生を行きますか!」
とすたすた歩き出せるように、
私も日々精進せねば、です。いやホントに。









ツバメ親子の根競べ。

巣の中に居座る気満々だったヒナたちは、
もう巣だったかな?

そう思いながら散歩に出るとすぐ、
まだ巣立っていないことがわかりました。

なぜなら、

誘う両親

今日は両親揃って、
まだ巣から出てこないヒナを
待っていたからです。

ヒナたちといえば、そんな親たちとは
目を合わせないようにするかのごとく、

知らんぷり

明後日の方向を向いてい(るように見え)ます。

子も、外の世界は怖いのでしょうし、
親は、「そろそろ渡りの練習しないと・・・」
というところでしょうか。
親は忍耐ですね。

散歩の帰り、一羽が巣からはみ出て、
慌てて羽ばたいている場面を見かけたので、
巣立ちもそろそろでしょう。

明日はどうなっているかな、楽しみです。











飛ぶの、やだやだ!

今年は、部屋の窓から、
ツバメが行き来するのがよく見えると思っていたら、
灯台下暗し。

すぐ近くのビルに、ツバメの巣があって、
すてに大きく育った5羽のきょうだいが、
巣のなかで、
すし詰め状態になっていました。

はみ出ています

なぜ気が付いたかというと、
親鳥が、道路をはさんだ、
巣が見える電線に止まって、

ひよひよひよひよ・・・

と、やさしい声で鳴いていて、

誘う親

なぜこんな声で?
と、不思議に思ったからです。

それはそれはやさしい声で、
その鳥が見つめる先を見てみたら、

20170728ツバメきょうだい

「まだ、巣から出ない!」とばかりに
親からやや目をそらし気味にした
5羽のヒナたちが、
巣のなかでぎゅうぎゅうしていました。

ほやほや感の残るくちばしを見ていたら、
生まれたての息子の、
まだすわらない、ふにゃりとした首を
思い出して、くすぐったい気持ちになりました。

これから南の国に向かうために、
親は、飛ぶ練習を促して、
子どもたちを励ます声だったんだ!

ツバメの親子から、元気をもらった朝でした。









小さなベニマシコが飛んできた。

昨日、仕事から帰ってくると、
郵便ポストに、
楽しみだった荷物が届いていました。

さっそく荷物をほどくと、
一瞬で冬の河原を思い出させてくれる、
赤色の鳥・ベニマシコが飛び出てきました。

か、かわいい~~('▽'*)♪

DSC_0997

ありがとうございます!

ベニマシコといえば、
独特の赤い色はもちろん、
白と黒のコントラストが美しい翼の模様が、
とても大好きです。

DSCN1602 (2)

その特徴が、
すごくきれいに再現されています~!

これを送ってくれたのは、
関西在住の羊毛フェルト作家さんです。

お会いしたことはないのですが、
その人の言葉や視点は
とても私に響いてきて、よく励まされています。
いま息子が飼っているセキセイインコの
ポー玉と、仲良くなる方法を教えてくれたのも、
その方でした。

そして今回なんと、
市販のグッズでは一度も見たことのない
ベニマシコを、作ってくださったのです♪

大好きな冬にかなり先駆けて、
我が家に飛んできてくれたベニマシコ、
大切にしたいと思います




夏鳥に会いに、日光へ。2017年④愛しのコサメビタキ篇

日光3日め、最終日。
雨の予報が、晴れときどき曇りという天気。
赤沼車庫から千手ヶ原を目指しました。

去年ニュウナイスズメが営巣していた木の穴は
どうなっているか。
また、せっかく日光にきたので、
キバシリに、ゴジュウカラ、
その他カラ類も見たい、という思いです。

そんななか、私のいちばんの収穫は、
コサメビタキのお母さんを見られたこと。

2017日光コサメけ

木の枝で、お餅みたいになっているのはなぜ?
と、写真を撮って拡大してみたら、
浅い巣にすぽっとはまって、
卵を温めていたのでした。

かわいい(*´∇`*)

ゴジュウカラも見られました。
母カメラ▼

2017日光ゴジュウカラま


息子カメラ▼
2017日光ゴジュウカラけ


写真はいまいちですが、
朽ち木のうろに巣作り中で、
何度も行ったり来たりする様子を
たっぷり観察できました。

ひっそり枝に止まるビンズイを、
息子が見つけて教えてくれました。

2017日光ビンズイ2け


千手ヶ原では、一羽のホオアカが、
一生懸命さえずっていました。
息子カメラ▼
2017日光ホオアカノートリけ


母カメラ▼
2017日光ホオアカま


バスを待つあいだ、詳しい方が息子に、
「少年、あそこに昨日の熊剥ぎがあるぞ」
と教えてくれたのが▼
2017日光クマハギけ


新しい木の香りがして、
傷が新しいことを知らせていました。



今回は天候がいまいち、鳥の出もいまいちで、
昨日は、「もう歩けない」「疲れた」と、
苔から滴る水を舐めたりして、
疲れを癒していた息子でしたが、
2017日光滴を飲むけん


旅の最後には、満足したようです。

一昨年くらいまで、楽しかった旅の帰りは、
名残惜しさに涙していた息子ですが、
今年は「楽しかった!」と明るく言って、
帰りの車に乗り込むとすぐ、
「ポー玉に会いに帰ろう」と、
自分を待つ愛鳥の飼い主の顔になっていました。




夏鳥に会いに、日光へ。2017年③コルリ篇

午後は雨の予報だった連休中日、
雨が降るまで、と、湯川沿いを歩きました。

すると、晴れ間も見えてきて、
刈込湖のコースを上り下りしていたときより、
鳥の声も多く聞こえます。

そして、湯川を渡る橋のところ、
去年ヒガラやコガラの水浴びを見たあたりで、
鳥の影を見つけました。

コルリ♀ま日光

はじめははっきり見えなくて、
「あれ何だろうね?」と観察していたところに、

ぴょんっ!

2017日光コルリ♂ま

コルリ♂が目の前に飛び出てきました。

長めの脚、ブルーと黒の羽のコントラスト、
こんなにはっきりとコルリを見たのは
初めてです。

それで、先の蛾を加えた鳥は、
ああ、コルリ♀かとわかりました。

2017日光コルリけ

2羽は、私たちの目の前で、
お互いへのプレゼント(?)の蛾と青虫を
くわえたまま、飛び回っています。

コルリディスプレイ3

その間、オスは何度も尾羽を立て、
ディスプレイ行動を繰り返します。

コルリディスプレイ日光

コルリディスプレイ2日光

そうして数分間ののち、この愛らしくも
たくましく生き、番おうとしている鳥たちは、
川の向こうの茂みに消えていきました。

それにしても、なんという幸運でしょう。
「このために日光に来たって感じ!」と、
表情は控えめながら、息子が
心から感じ入っているのがわかりました。

私も同感です。
こういう瞬間に出会えるから、
また鳥を探しに出かけたくなる。
まさに夢中(夢の中)、そんなひとときでした。

とうとう降ってきた雨に少しだけ濡れましたが、
「きっと、この天気だからこそ、
コルリがあんなところに出てたんだな」と
しみじみする息子の口調も含め、 思い出深い1日となりました。






夏鳥に会いに、日光へ。2017年②サルくらいしか…篇

午後は雨の予報まで出ていた2日めの朝です。
鳥が少なく、天気もいまいち。

降られる前に、コマドリ狙いの刈込湖まで
なんとかたどり着きたい私たちは、
朝御飯を急いで食べ、さっそく歩き出しました。

宿を出て、温泉の源泉付近の木道を行くと、
遠方の木の枝が揺れて、サルの群が現れました。

2017日光サル親子

ハイキングコースに入ると、
木を伝っていたサルと鉢合わせ。
目が合ってしまい、
キッとにらまれたので、早々に退散しました。

2017日光サル怖いま

ホトトギスやカラ類の声が時折響くなか、
メゾソムシクイや、
オオルリの若いのかな?と思う個体が
出てきたりしたのですが、

2017日光メボソムシクイ4け


2017日光オオルリ♀?け

やはり鳥は少ないです。

さすがに刈込湖付近になると、
コマドリはじめ、鳥の声が増えてきましたが、
見られたのは、昆虫、小魚、小さなカエルくらいでした。

ちびガエル2017日光

2017日光刈込湖


息子、「脚が重い」「もう歩けない」と言い出しました。
得意の脚マッサージをしてあげると、
元気を取り戻してくれ、気を取り直して、
午後は湯滝のあたりを
散策することになったのでした。

③に続く。




夏鳥に会いに、日光へ。2017年①鳥が少ない?篇

久しぶりのことり記です。
今年も海の日の連休に、2泊3日で、
夏鳥を見に出かけてきました。

雨の予報が出ていたのですが、
なんとか3日間、降られずに過ごせたこと、
万々歳でした。
とはいえ、降りそうで降らない天気の日には、
鳥の姿は少ないもの。

1日めは、去年カワガラスなどを見た湯滝方面を
散策しましたが、ほとんど鳥は見えません。
スタート時に見かけたウソと、

2017日光ウソま


湯本温泉付近のキセキレイ(ボケボケ)、

2017日光キセキレイま

温泉の源泉付近のマガモの親子くらいで、

今年トレッキングシューズデビューして
はりきっていた息子の背中が、
ちょっぴり、いや、かなり残念そうです。

2017日光新しい靴ま

自然相手だから仕方ないとわかっていても、
我が子が残念そうにしているのは切ない。

ですが翌日、
そんな切なさも吹き飛ぶような出会いが
待っていたのでした。

②に続きます。