ことり記

3年目バードウォッチャーの息子(9歳)の探鳥&日々の暮らしの記録。そしてときどき、弱った自分にかける言葉など。

2017年02月

すばしこいキクイタダキ。

週末ルリビタキを見に行ったとき、
もうひとつ嬉しかったことがありました。

それは、いつもは高いところにいて、
じっくり見られた試しのないキクイタダキが、
かなり低い位置に降りてきていて、
はじめてゆっくり見られたことです。

とにかくすばしっこくて、
私はなかなか写真に撮れませんでしたが、
息子が撮ってくれていました▼

20170226キク2

菊戴(キクイタダキ)の名の由来になっている、
頭部の黄色もよく見えました。

20170226キク4

間近で響く賑やかな鳴き声にも、
心が弾みます。

20170226キク3

まんまるい小さな目も、
とっても愛らしい鳥でした。

また行きたいな、
高崎自然観察公園。






ルリビタキに。

今日はいいことがふたつありました。

ひとつは、ある方から
ルリビタキのそれはきれいな
写真を送っていただいたこと。
その日の光を味方につけた
写真がとらえたフォルムは完璧で、
ヒタキ類の体のラインの美しさ、
野鳥の凛々しさが際立つ一枚なのでした。

そしてもうひとつは、市内の自然観察公園に
息子とルリビタキを見に行って、
去年来ていたブルーの濃い個体を、
また見られたこと。

20170226ルリビタキ高崎2

20170226ルリビタキ高崎3

ルリビタキは、私がいちばん好きな鳥。
もともとヒタキ類が好きなうえに、
ブルーと白と山吹色の色の組み合わせが
とにかく好きで、
友だちがやっている文具イベントで
紙巻き鉛筆を作ったときも、
この色の組み合わせにしました▼

DSC_0646

美しい色や、絵、写真、
そして凛とした自然には励まされます。
ルリビタキに感謝の一日でした。




夏羽のアトリ。

午後になって、いつもの公園に
遅い散歩に出ました。
息子も一緒です。

アトリの群れが、
木の枝と地面を行き来していました。

20170225アトリ群れ夏羽混じり

散歩中は、
最近いろんな意味で息切れ中の私を気づかって、
息子がさまざまなバリエーションの変顔をして
笑わせてくれました。

はたから見れば、
お調子者の男の子だったでしょうが、
いつもは恥ずかしがりで、
でも思いやりがある優しい子です。

今シーズン公園で見られるなかで、
とりわけアトリが気に入っている私に、
「もう夏羽の個体がいたよ」と、
写真を撮ってきてくれました。

201702アトリ夏羽

これは……まるで焦げた餅のような??
いやいや、黒い頭が凛々しい個体です。

もうすぐ季節も巡るのだなあ。
さくっと前に進みたい!






今週末は、休養。

風邪をひいたとか、
そういうわけではないのだけれど、
今週は鳥を見にどこかにいったりはせず、
息子と買い物に行ったり、
一週間分料理の作り置きなどをして、
ゆるっとした休日を楽しみました。

というわけで、見たのは
いつもの公園のマガモ▼

20170205

おしりのカール羽がかわいいです。
いつか拾ってみたい。

野球場のあたりを縄張りにしている
ジョウビタキ♂▼

20170205ジョウビタキ

今年は、池を挟んで、
オスメス両方公園に居ついていて、
頻繁に会えるので楽しいです。

ヨシ原のシジュウカラ▼
この公園でいちばん多いのは、
シジュウカラです。

20170205シジュウカラ1

コガモもいつもの場所で▼

2017コガモ

そして、よく会うツグミの個体▼

20170205ツグミ2

沼の橋のあたりが縄張のようです。

ヤマガラやメジロ、エナガなどもいたのですが、
かわいい写真は撮れず。

のんびりした週末も、あと数時間。
明日からまた、頑張ろうっと。












枯野に檸檬。

アオジが好きだ。
声もわかりやすいし、飾らない感じもよい。

20170127アオジ

背中のスズメっぽさも親しみを感じるし。

20170127アオジ3

なにより、いいなあと思うのは、
枯れたヨシ原のなかで、
お腹の檸檬(れもん)色が
鮮やかな個体を見つけたとき。

枯野がぽっとそこだけ
ささやかに明るくなって、
きれいだなあと思う。

20170125アオジ

暗~い気持ちになってしまったときなどに
枯野にぽっと明るいレモン色を見つけたら、
気分が救われそうな気がする。




















シジュウカラのさえずり。

今朝テレビの天気予報で、20170203シジュウカラ
20170201シジュウカラ
メジロが梅の枝に止まった画を流して、
「梅にウグイス、いいですね~」とやっていて、
息子がすかさず、突っ込んでいた。

春といえばウグイスと言われる。
洞峰公園に通う私にとっては、
春いちばんに囀りだすシジュウカラだ。



ハクセキレイの羽づくろい。

今朝は気の早いシジュウカラが
さえずり始めた声が響く緑の広場で、
ハクセキレイが羽づくろいをしていました。

20170201ハクセキレイ毛づくろい

息子がセキセイインコを飼いはじめてから、
(名前はポー玉)
鳥が羽繕いする姿を間近で見ています。
鳥は毎日、羽の一本一本を
大事に大事に手入れしているのだと知りました。

羽繕いをしながら体を丸めて、
膨らんだシュー皮のような姿になることもあり、
それはとてもかわいいものです。

ポーちゃんは安全な場所にいるので、
羽繕いの間は集中してわき目も振らずですが、
ハクセキレイは、
まわりをチラチラ気にしながら、
手早く、作業しています。

20170201ハクセキレイ羽繕い2


息子はフィールドで鳥を探していると、
ふとポーちゃんを思い出しては、
「ポーちゃんにはさ、
鳥のこといろいろ教えてもらってるよね」
「だから、お世話になってるよね」
などと話すことがあります。

さて、羽繕いがひととおり終わると、
伸びをして▼

20170201ハクセキレイ羽繕い4
体をブルブルッと振るわせて▼

20170201ハクセキレイ羽繕い3


はい、完成▼

20170201ハクセキレイ羽繕い5

すっかりきれいになって、
沼の反対岸に飛び去って行きました。