今朝は久しぶりの晴れ。
早朝、犬たちといつもの公園に行くと、
日中の暑さを予感させる強い日差しが、
沼の水面に反射していました。

DSC_1017


夏は苦手です。

暑さや湿気が苦手であるし、
蚊に刺されても
よく腕の太さが変わるくらい腫れるため、
虫刺されも避けたい。
犬たちの散歩以外は、
たいてい大人しくしています。

でも、夏の空は雄大で、白鷺の飛ぶ姿が映え、
夜は夜で闇が濃く、
大輪の花火がよく映える。

水平線と入道雲がセットで見られる、
海の景色もいい。

そして、セミの声も好きです。
息子は近年、セミの声を聞くと
「あー暑苦しい」などと言っていますが、
私は不思議と、
うるさいと感じたことがありません。

木陰を歩いていて、
アブラゼミのジーーーっという音を浴びていると、
暑さで余裕がなくなりがちな心に、
ヤスリをかけてもらっているような気がします。

トゲトゲがなだらかな凹凸となり、
夏の暑さのなかに、
安心して戻っていけるような。

セミの声はいのちのうたであり、
私にとっては癒しの音にもなっています。



夏の暑さに負けず、
夏の自然も堪能できるよう、
少しずつ体を鍛え始めた今日この頃です。