ことりと暮らし記

小さな3年目バードウォッチャーの息子(9歳)の探鳥&成長記録。そしてときどき、弱った自分にかける言葉など。

メジロのまなざし。

今朝はいつもの公園に、
メジロの声と姿が目立ちました。

やや甘めの、転がる声。
鮮やかなウグイス色が、木の枝にも、

20170111メジロ1

ヨシの中にも、

20170111メジロ3

茶色っぽい目を囲む白いアイリングを、
絹の白糸で刺繍されたようだと感じとった
昔の人々のセンスには、脱帽です。

ころんと可愛らしい形に撮れましたが、
眼力はなかなかのもの。

20170111メジロ2

小さな体でも、
自分の力で生きているものの目だなと思います。

うちのセキセイインコ・ポー玉の、
のんびりとした甘えん坊の目もかわいくて、
いくらでも甘えてきてね、という気持ちになり、
たくさん癒してもらって大好きですが、
野鳥のまなざしの強さはまた格別で、
気持ちがしゃきっとします。





本格的に始動。

息子は今日から新学期。
私も冬休み気分は昨日までで、
仕事が本格的に始まるんだ、という気持ちなので、
今日のブログには、
東京で撮った鳥を載せようと決めていました。

というわけで、ユリカモメ▼

20170110ユリカモメ2


昨日も茨城の海で見たけれど、
東京都の鳥に定められていて、
仕事に向かう途中の和泉橋で、
冬になるとよく群れています▼

20170110ユリカモメ

今日も寒いことは寒いし、
神田川は水もきれいそうではないですが、
茨城の海で見た鳥たちより、
ずっと快適そうではあります。

でも、いまはのんびりしている
ユリカモメたちもいつもこうではなく、
厳しい自然の中で
いろいろ乗り越えてきているのだろう。

20170110ユリカモメ1

そんなことを思いながら
職場の近くまで着いたところで、
梅が咲きはじめているのを見つけました▼

20170110梅の花

さあ、がんばろう!





かわいいぞ、ミユビシギ。


20170109ミユビシギま


20170109ミユビシギ群れま

20170109ミユビシギ群れ2ま