ことりと暮らし記

小さな3年目バードウォッチャーの息子(9歳)の探鳥&成長記録。そしてときどき、弱った自分にかける言葉など。

ビンズイが好き。

今朝は、ビンズイがめずらしく、
沼のほとりにいるところを、見られました。

5羽ほどの群れでゆったりと、
水を飲んだり、羽繕いをしたり。
日の当たる場所で見るビンズイは、
とてもきれいでした。

20170130ビンズイ5

ビンズイといえば、
冬、林で群れて、尾っぽを振り振り
歩いているイメージだったのですが、
夏に枝にとまっているのを見てから、
印象が変わりました。

20170131ビンズイ2

背面の緑がかった上品な色、
ほっそりした体形、涼し気な目もと・・・
とても気高く、凛とした雰囲気で、
大好きな鳥です。

20150130ビンズイ4

20170131ビンズイ

寒かったせいか、
こんなにまん丸な姿も見られました▼

20170130丸いビンズイ

夏になったら、
新緑の高原で、また会いたいです。

筑波山で、冬の小鳥。

先週ハギマシコを見に行って、
筑波山に行きたい病にかかったので、
さっそくまた訪ねてきました。

今日最初に現れたのは、ウソ。
ペアで熱心に、
サクラの花芽を食べていました▼

20170128ウソ1

20170128ウソ2

前回ハギマシコを探しに行ったとき、
カメラマンがたくさんいたために
すぐ探せたのですが、
「今日は自力で探すぞ!」と息子が頑張って、

ルリビタキ♀、カヤクグリ、ミヤマホオジロを、
次々に探しては、
写真を撮ってきて披露してくれました。

ミヤマホオジロ♂▼

20170128ミヤマホオジロ♂け

ミヤマホオジロ♀▼

20170128ミヤマホオジロ♀

そして、今回なかなか探せなかったハギマシコも▼

20170128ハギマシコ群れ

おかげで私も、
ハギマシコが枝にとまった写真が撮れました▼

20170128ハギマシコ枝2

名の通り、おなかの部分の羽が、
萩の花が咲いたようで、

20170128ハギマシコ

落ち着いた風情のあるハギマシコ。
今度はできたらオオマシコも見てみたいです。

前回、男体山に登ったのに続き、
女体山にも登頂した息子は▼

20170128人間

「おこづかい持ってきたから、おみくじ引くんだ!」
と言って、恋みくじを引いていました。

恋みくじぃ!? と、軽くのけぞりましたが、
その理由は単純。
小学校で「恋ダンス」が流行っているから、
だ、そうです。

とはいえとても楽しげで、ほほえましいことです。

「末吉だったけど、
いいこと書いてあるからいいよね」

うんうん、いいと思う(笑)。

アトリの群れ、アオジ。

このあいだほどの数ではなかったけれど、
http://livedoor.blogcms.jp/blog/sanchibi-kotoriki/article/edit?id=12347430
今朝もいつもの公園に、
アトリの群れがきていました。

アトリの群れで飛ぶところを見ると、
いつも見とれてしまいます▼

20170127飛ぶアトリ

アトリが公園の外へいってしまったあとは、
茂みから出てきていたアオジを見ていました。

飛び上がる直前、ぐっと力を入れたところ▼

20170127アオジ2

後姿▼

20170127アオジ3

地味な鳥ですが、
オスのお腹の緑がかった黄色がなんとも好きで、
冬はほぼ毎日見られてうれしいです。

そうそう、このお腹の色▼

20170125アオジ

冬枯れの景色のなかの、小さな明かりのようで。

 *

それにしても。
今日は夕方釈然としないことがありましたが、
こうして鳥日記を書いていたら、
静かな気持ちが取り戻せます。

好きなことがあるって、ありがたいです。