いばらきの、ことり記

鳥が好きな息子(10歳)との日々の暮らし、季節のこと。そしてときどき、弱った自分にかける言葉などを綴っています。

ウグイスは春に向けて。

週末の調整池で、
ウグイスがずっと自分の存在を
アピールし続けていました。

小さな葦の茂みに、
3~4羽いたように思います。
いつもの公園ではすぐに薮に隠れて、
ちらっとしか見えないウグイスですが、
「ジャ、ジャ」と鳴いては飛び回り、
相手をけん制し合っているところを、
ゆっくり観察できました。

20170114ウグイス4

20170114ウグイス3

繁殖の季節に向けて、
自分の縄張りを確保、ということなのかな。
次の季節を迎えるために、
自然界は、ぬかりなく
準備をしているんだと思いました。

   *

今日も息子と算数ドリルをやりました。
そうしたら、ひょんなことから学校のドリルを
またさぼっていたことが発覚。

ウグイスみたいに、
春5年生になる準備、しといてほしかった
な~んて、勉強はしなくても、
次の季節を迎えることはできるんだけどね。

やることはやろうよと話をしても、
本人がどこまでやるかは、子ども次第??
むずかしいのぅ。






筑波山でトラツグミ。

週末筑波山の帰り、調整池のほとりで、
息子がトラツグミを見つけました。

20170114トラツグミ

体をゆさゆさぴこぴこ上下させながら、
餌探しに忙しいようでした。
思っていなかった鳥に会えるのは、
鳥見の醍醐味のひとつです。

鳴いてもいなくて、息子と
明日は雨も降らなさそうだねと言い合いました。



今日はその息子と、算数を一緒にやりました。
いま分数をやっていて得意だから、
上級編でも大丈夫だと言うので、
じゃあ勝負とドリルで競争してみたら、
さすがにまだ私の勝ちでした。

思ったより得意でないとわかり
ショックだったらしく、でも、
悔しいのを出さないようにしている息子を見て、
「けっこう負けん気あるんだなあ」と、
ちょっと頼もしく思いました。

鳥を見つけるのも計算も、
まだ私の方が早いですが、
ときどき負けます。
ちなみにオセロは、
息子が15個以上取れたら勝ち、というルールで、
一度負けてしまいました。

息子の成長とともに
負けが混んでこないように、がんばりたい!











モズがはやにえを食べていた。

筑波山を降りると、
風もなく、日没までまだ少しあったので、
調整池に寄りました。
ほかの鳥を見ていたところに、
藪に小鳥が降りてきました。

チキチキチキチキ・・・と鳴いたので、
ああモズだと見ていると、
何かを引っ張っりはじめます。
オレンジ色のなにか伸びるものを、
くちばしで引きちぎって食べていました。

20170114モズ3

はやにえを食べているんだ! とわかり、
すぐに息子を手招きで呼びました。
はやにえにされたカエルやバッタなどは
見たことがあったけれど、
食べているのを見るのは初めてです。
「ちゃんと忘れずに食べてるね~!」と
しばし観察させてもらいます。

20170114はやにえを食べるモズ

モズが行ってしまったあと、
息子と薮に入って、
何がはやにえにされていたのか、
確かめてみました。

写真だと少々わかりにくいけれど▼

20170114はやにえにされたエビ

たぶんエビのなかまだと思います。
エビっぽいそれのおなかのあたりには、
乾燥した卵もついていました。

モズにとっては、
いよいよ寒さ厳しくなった山での生活の、
ごちそうのはずです。
のこりはまた明日、
つまり今日あたり食べたのかな。











Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ