ことり記

3年目バードウォッチャーの息子(9歳)の探鳥&日々の暮らしの記録。そしてときどき、弱った自分にかける言葉など。

渡良瀬方面で連休の締め。

昨日お疲れ気味だった息子が、
「最終日は鳥見たい」と言って、
渡良瀬方面にフクロウ類を
見に行くことにしました。

道のりの途中、坂東市に入ったところで、
息子が今シーズン初めての
サシバを見つけました。

サシバ1

息子はいつも助手席に座っていますが、
運転席の私より先に見つけたのは
初めてだったので、
鼻の穴を膨らませて喜んでいました。

 *

今日の目的地のひとつに着きました。
去年アオバズクを見た同じ場所です。
昨日、ある人に
2羽来ていると教えていただいて
今日の渡良瀬方面行を決めたのでしたが、

アオバズクけ

まずは来た甲斐がありました。
(アオバズクには睨まれていますが)
ありがとうございます('▽'*)♪

そして、アオバズクのすぐ近くでは、
フクロウと、

雀のフクロウま2

まさかのハクビシン▼

ハクビシン

特定外来種のハクビシンが
こんなところにまでいるなんて、
驚きました。

  *

その後、コアジサシも見たい
息子にせかされて、
渡良瀬遊水地に向かいました。

残念ながら、コアジサシは
見られませんでしたが、
レンタル自転車を借りて、
新緑の水辺をサイクリングするのは、
とても楽しかったです。

ホオジロやオオヨシキリの
囀りを聴きながら見られたのは、

オオヨシキリ渡良瀬ま

渡良瀬のキジま

キアシシギけ

などなど。
ペダルをこぎながら汗をかきかき、
もうすぐそこに
夏が来ているのだなあと思いました。

  *

そこで時間は15時過ぎ。
もう一か所フクロウがいるという場所に
行ってみることにしました。

「4時くらいの光がいい感じ」と
教えていただいていたので、
ちょうどよさそうです。

野のフクロウ4ま


フクロウ1け


野のフクロウま

この連休で、
フクロウを3個体見られましたが、
白っぽいもの、ふっくらしているもの、
それぞれ個性があるのだなあと実感できました。

最後の場所では、
鋭い爪も写真に撮れて、
私も息子も大満足でした。

 *

息子が描くフクロウの落書きと
そっくりなお守りがあったので、
いただいてきました▼

お守り (2)

たっぷり息子との時間を過ごして、
明日からはまたお互い、
学校と仕事です。

このお守りが見守ってくれる? でしょう。






鹿嶋で釣りとシギチドリ。

釣りをしたいという息子の要望で、
鹿嶋の海に行ってきました。

3時間ほどサビキを試して、
からまる糸と格闘したり、
強風に耐えたり・・・

なにかの修行のような時間を過ごし、
ほんのささやかな釣果を得たあと、
(でも、釣れるとうれしくなる)
ふたりともやはり浜辺にも行きたくて、
夕方、港から海岸に移動しました。

とろっとやわらかな光に溢れた浜辺は、

下津海岸到着2

気持ちが解き放たれるようでした。

メダイチドリと、
たぶんミユビシギだろうなあと思われる
シギが早足で歩いていました▼

メダイチドリ

シギ

とくに、いよいよ日が沈む前の海は
表情が刻々と変わっていって、
どの一瞬もそれぞれに美しく、
釣りをリクエストしてくれた
息子に感謝しました。

2017下津海岸 (2)


   * * *


ちなみに、釣れた魚は2尾。
5センチほどのサバの稚魚と、
10センチほどのハゼでした▼

_20170504_230606

帰ってから素揚げしてみると、
意外なくらい美味しそうな匂いです。▼

_20170504_230855

とくにハゼが美味しかったそうで、
「すっごいおいしい!」
「つい5分前まで生きてた魚は違うね!」
と、とても喜んでくれました。

もっと気温が上がってきたら、
刺身にできるような魚も
よく釣れるらしいです。

「また行きたい!」とのことなので、
私は釣りには向いていなさそうですが、
釣れたら楽しいので、頑張ってみます。



フクロウを見てきた。

昨日遠出しすぎて疲れたので、
今日は近場の雑木林に、
フクロウを見に出かけました。

息子が写した一枚です▼

フクロウけ

小枝がもじゃもじゃっとしている場所に
ずっと止まっていたので、
全体を写すのが難しかったです。

とはいえ、見られただけでも満足です。
アオバズクも見たくなりました。