ことり記

3年目バードウォッチャーの息子(9歳)の探鳥&日々の暮らしの記録。そしてときどき、弱った自分にかける言葉など。

夏と緑とスズメの子。

昨日は息子の小学校の運動会で
ふたりとも疲れたので、
近所でおとなしくしていました。

昼下がり、犬たちを連れて、
いつもの公園に散歩に出ると、
空も、雲の感じも、陰の濃さも、
くっきりとしていて、夏を感じました。

もう夏。

暑いので、鳥の姿は早くも少なく、
鳥の声も高いところで響いていました。

唯一ゆっくり見られたのは、
スズメの子くらいです▼

すずめの子

目を癒してくれたのは、
まぶしいほどの緑でした。

カツラの葉から漏れてくる陽ざし▼

かつらの葉

緑色のなかのスズメも、
気持ちよさそうに見えます▼

緑とスズメ

公園中の緑だけでも、
何色あるのだろうと思うくらいです。

2葉っぱ

もみじ

昨夜、美の巨人たちでもやっていた、
故・犬塚勉さんの絵を、
なんとなく思い出しました。





森に育つ、いとけなきもの。

フクロウを見にいってきました。
それもヒナです。

フクロウヒナま2

「かわいい」という言葉だけでは、
表せないかわいらしさです。
可愛らしさのなかに、品格を感じます。

こういう小さな命を育む懐の深い森が、
北関東にはまだ残っているのだなと、
改めて感じました。

群馬も栃木も茨城も、
人気度ランキングなんて関係なく、
とてもいいところです。

ヒナですから、
すぐに眠そうな目になるところも、
またたまりません。

フクロウヒナま3

カメラマンがあまりに大勢いるせいか、
幹のほうを向いてしまった姿も、
正体がわからないなりにかわいいです。

フクロウヒナ後姿ま

明日は早いので、
早めに帰途につきましたが、
今日は息子と一緒にこの子に会えて、
とても幸せな日でした。







初夏になった。

五月の連休も明け、
ミミ(赤毛ワン)の手術から1ケ月たち、

2頭で散歩

散歩はまだ以前の半分の距離ですが、
元気に動き回れるようになりました。

安静にしているうちに、
もともとか細かった足が、
さらに細くなってしまったけれど、
動けるようになり、とても嬉しそうです。
今まで以上に、甘え上手になりました。
退化しても、進化したわけですね。

こうして散歩に出かけられるから、
日に日に濃くなる緑のなかに暮らす
コゲラも見られるし、

連休最後のコゲラ

季節の花も見られます。

沼と花 (3)

イネ科の花粉が飛び始めの季節を、
私も半分乗り切ったし、

みんな元気なのはありがたいことだと、
痛感した春が過ぎて、
ようやく初夏が巡ってきた気がします。