ことり記

3年目バードウォッチャーの息子(9歳)の探鳥&日々の暮らしの記録。そしてときどき、弱った自分にかける言葉など。

鳥のおもちゃ作り教室へ②

新座の駅でおばと待ち合わせ、
初めてとり村を訪ねると・・・。

建物の外に設えられた鳥のゲージに、
二羽でぴったり寄り添う
ベニコンゴウインコとルリコンゴウインコ、
タイハクオウム、キバタンに会えました。

みんなフレンドリーで、

「アオヨー(おはよー)」
「コンニチハ」
と出迎えてくれます。

動物園でしか見たことのない
大型のオウムたちを間近で見られ、
息子は目がハートになっていました。

 *

ちなみに、
息子がオウムに夢中になったのは、



を読んでから。

この本は、
オウムの賢さやかわいらしさ、
甘えん坊っぷり、
大型オウムとの暮らすことの
楽しさと大変さ、などなど、
細かなまでしっかりと描かれていて、
読み応えある良書です。

これを読んだあとの
息子の将来の夢のひとつに、
コキサカオウムを飼うことが
加わりました。

 *

さて、とり村に入ると、
息子だけでなく大人ふたりも
鳥との交流とおもちゃ作りに夢中になり、
写真を一枚も撮らなかったのが
いまとなっては悔やまれるのですが・・・。

ともかくも
それぞれのおもちゃが完成です▼

3人の作品 (2)

このほか、もう一つずつ、
とり村の鳥たち用にもおもちゃを作り、

その後は、そのおもちゃを、
施設内の鳥たちにプレゼントするために、
鳥たちの生活の場である
バックヤードに連れていってもらいました。

BlogPaint

お目当てだったオオバタンのダイちゃんに
自作のおもちゃをさっそくかじってもらい、
息子、はにかみ顔です(^з^)-☆
(▲TSUBASAの方が撮ってくださいました)

息子はペットショップに行って、
空調が効きすぎて寒そうにしていたり、
おもちゃなどなしで過ごしている鳥たちを見ると、
「ポー玉って幸せだよね。
好みのおもちゃで一日中遊んで、
好きなキビだけ食べてあとは残して、
水浴びもさせてもらって、
歌も歌ってもらえて……」とよく言っています。

が、とり村で、TSUBASAのみなさんの丁寧で、
愛情の籠ったお世話を受けている鳥たちを見て、
「里親さんが見つかったらもっといいけど、
村の鳥たちも幸せだよね」
と、しみじみ話していました。

次は、息子の愛鳥ポー玉が、
1歳を迎えて、ドックランならぬ
バードランにさんかできるようになったら、
いっしょに行きたい! と、
張り切っています。

鳥たちと、
親切なスタッフの皆さんのおかげで、
充実の時間になりました。






鳥のおもちゃ作り教室へ①

息子の愛読書のひとつで、
鳥と人との間に生まれた絆の物語を
やさしい言葉で綴った『鳥のはなし』▼



がきっかけで
「認定NPO法人TSUBASA」
https://www.tsubasa.ne.jp/
という団体のことを知りました。

TSUBASAは、飼い鳥(インコ・オウム・フィンチ)を
飼えなくなった方から保護している、
レスキュー団体です。

今日は、そのTSUBASAが運営している
埼玉県新座市のとり村のイベントに、
私と息子とおばの三人で参加してきました。

村の鳥たちと自分の愛鳥のために
手作りおもちゃをつくるというイベントです。
*作ったおもちゃのひとつ▼
(写真は、おもちゃを見上げる息子の愛鳥)

ポー玉おもちゃ5

おもちゃを作ったあとは、
とり村で保護されている鳥たちに
作ったおもちゃをプレゼントし、
遊ぶ様子を目の前で観察できるという、
インコとオウムに夢中の息子にとっては、
夢のようなイベント。

期待通り、オオバタンをはじめ
大型オウムから小型のインコまで
たくさんの鳥たちが生活するとり村で、
和やかで楽しい時間を過ごすことができました。

が、今日はもう遅いので、
明日は、このイベントのことを
詳しく書きたいと思います。

よろしくお願いします♪







セミの声がやさしいヤスリになる。

今朝は久しぶりの晴れ。
早朝、犬たちといつもの公園に行くと、
日中の暑さを予感させる強い日差しが、
沼の水面に反射していました。

DSC_1017


夏は苦手です。

暑さや湿気が苦手であるし、
蚊に刺されても
よく腕の太さが変わるくらい腫れるため、
虫刺されも避けたい。
犬たちの散歩以外は、
たいてい大人しくしています。

でも、夏の空は雄大で、白鷺の飛ぶ姿が映え、
夜は夜で闇が濃く、
大輪の花火がよく映える。

水平線と入道雲がセットで見られる、
海の景色もいい。

そして、セミの声も好きです。
息子は近年、セミの声を聞くと
「あー暑苦しい」などと言っていますが、
私は不思議と、
うるさいと感じたことがありません。

木陰を歩いていて、
アブラゼミのジーーーっという音を浴びていると、
暑さで余裕がなくなりがちな心に、
ヤスリをかけてもらっているような気がします。

トゲトゲがなだらかな凹凸となり、
夏の暑さのなかに、
安心して戻っていけるような。

セミの声はいのちのうたであり、
私にとっては癒しの音にもなっています。



夏の暑さに負けず、
夏の自然も堪能できるよう、
少しずつ体を鍛え始めた今日この頃です。