ことり記

3年目バードウォッチャーの息子(9歳)の探鳥&日々の暮らしの記録。そしてときどき、弱った自分にかける言葉など。

小さなベニマシコが飛んできた。

昨日、仕事から帰ってくると、
郵便ポストに、
楽しみだった荷物が届いていました。

さっそく荷物をほどくと、
一瞬で冬の河原を思い出させてくれる、
赤色の鳥・ベニマシコが飛び出てきました。

か、かわいい~~('▽'*)♪

DSC_0997

ありがとうございます!

ベニマシコといえば、
独特の赤い色はもちろん、
白と黒のコントラストが美しい翼の模様が、
とても大好きです。

DSCN1602 (2)

その特徴が、
すごくきれいに再現されています~!

これを送ってくれたのは、
関西在住の羊毛フェルト作家さんです。

お会いしたことはないのですが、
その人の言葉や視点は
とても私に響いてきて、よく励まされています。
いま息子が飼っているセキセイインコの
ポー玉と、仲良くなる方法を教えてくれたのも、
その方でした。

そして今回なんと、
市販のグッズでは一度も見たことのない
ベニマシコを、作ってくださったのです♪

大好きな冬にかなり先駆けて、
我が家に飛んできてくれたベニマシコ、
大切にしたいと思います




夏鳥に会いに、日光へ。2017年④愛しのコサメビタキ篇

日光3日め、最終日。
雨の予報が、晴れときどき曇りという天気。
赤沼車庫から千手ヶ原を目指しました。

去年ニュウナイスズメが営巣していた木の穴は
どうなっているか。
また、せっかく日光にきたので、
キバシリに、ゴジュウカラ、
その他カラ類も見たい、という思いです。

そんななか、私のいちばんの収穫は、
コサメビタキのお母さんを見られたこと。

2017日光コサメけ

木の枝で、お餅みたいになっているのはなぜ?
と、写真を撮って拡大してみたら、
浅い巣にすぽっとはまって、
卵を温めていたのでした。

かわいい(*´∇`*)

ゴジュウカラも見られました。
母カメラ▼

2017日光ゴジュウカラま


息子カメラ▼
2017日光ゴジュウカラけ


写真はいまいちですが、
朽ち木のうろに巣作り中で、
何度も行ったり来たりする様子を
たっぷり観察できました。

ひっそり枝に止まるビンズイを、
息子が見つけて教えてくれました。

2017日光ビンズイ2け


千手ヶ原では、一羽のホオアカが、
一生懸命さえずっていました。
息子カメラ▼
2017日光ホオアカノートリけ


母カメラ▼
2017日光ホオアカま


バスを待つあいだ、詳しい方が息子に、
「少年、あそこに昨日の熊剥ぎがあるぞ」
と教えてくれたのが▼
2017日光クマハギけ


新しい木の香りがして、
傷が新しいことを知らせていました。



今回は天候がいまいち、鳥の出もいまいちで、
昨日は、「もう歩けない」「疲れた」と、
苔から滴る水を舐めたりして、
疲れを癒していた息子でしたが、
2017日光滴を飲むけん


旅の最後には、満足したようです。

一昨年くらいまで、楽しかった旅の帰りは、
名残惜しさに涙していた息子ですが、
今年は「楽しかった!」と明るく言って、
帰りの車に乗り込むとすぐ、
「ポー玉に会いに帰ろう」と、
自分を待つ愛鳥の飼い主の顔になっていました。




夏鳥に会いに、日光へ。2017年③コルリ篇

午後は雨の予報だった連休中日、
雨が降るまで、と、湯川沿いを歩きました。

すると、晴れ間も見えてきて、
刈込湖のコースを上り下りしていたときより、
鳥の声も多く聞こえます。

そして、湯川を渡る橋のところ、
去年ヒガラやコガラの水浴びを見たあたりで、
鳥の影を見つけました。

コルリ♀ま日光

はじめははっきり見えなくて、
「あれ何だろうね?」と観察していたところに、

ぴょんっ!

2017日光コルリ♂ま

コルリ♂が目の前に飛び出てきました。

長めの脚、ブルーと黒の羽のコントラスト、
こんなにはっきりとコルリを見たのは
初めてです。

それで、先の蛾を加えた鳥は、
ああ、コルリ♀かとわかりました。

2017日光コルリけ

2羽は、私たちの目の前で、
お互いへのプレゼント(?)の蛾と青虫を
くわえたまま、飛び回っています。

コルリディスプレイ3

その間、オスは何度も尾羽を立て、
ディスプレイ行動を繰り返します。

コルリディスプレイ日光

コルリディスプレイ2日光

そうして数分間ののち、この愛らしくも
たくましく生き、番おうとしている鳥たちは、
川の向こうの茂みに消えていきました。

それにしても、なんという幸運でしょう。
「このために日光に来たって感じ!」と、
表情は控えめながら、息子が
心から感じ入っているのがわかりました。

私も同感です。
こういう瞬間に出会えるから、
また鳥を探しに出かけたくなる。
まさに夢中(夢の中)、そんなひとときでした。

とうとう降ってきた雨に少しだけ濡れましたが、
「きっと、この天気だからこそ、
コルリがあんなところに出てたんだな」と
しみじみする息子の口調も含め、 思い出深い1日となりました。