ことりと暮らし記

小さな3年目バードウォッチャーの息子(9歳)の探鳥&成長記録。そしてときどき、弱った自分にかける言葉など。

いつもの公園にベニマシコ。

いつもの公園でベニマシコを見つけました。

20170317ベニマシコ


アレルギーで一ヶ月ほどフィールドには出ていません。
これからもしばらくは無理そうだし、
このごろはすっかり、
楽器や絵画などに関心が戻っています。
(渡辺省亭展も楽しかった!)
ただ、こういう発見があると、
早く自由に外を歩きたくなります。




すばしこいキクイタダキ。

週末ルリビタキを見に行ったとき、
もうひとつ嬉しかったことがありました。

それは、いつもは高いところにいて、
じっくり見られた試しのないキクイタダキが、
かなり低い位置に降りてきていて、
はじめてゆっくり見られたことです。

とにかくすばしっこくて、
私はなかなか写真に撮れませんでしたが、
息子が撮ってくれていました▼

20170226キク2

菊戴(キクイタダキ)の名の由来になっている、
頭部の黄色もよく見えました。

20170226キク4

間近で響く賑やかな鳴き声にも、
心が弾みます。

20170226キク3

まんまるい小さな目も、
とっても愛らしい鳥でした。

また行きたいな、
高崎自然観察公園。






ルリビタキに。

今日はいいことがふたつありました。

ひとつは、ある方から
ルリビタキのそれはきれいな
写真を送っていただいたこと。
その日の光を味方につけた
写真がとらえたフォルムは完璧で、
ヒタキ類の体のラインの美しさ、
野鳥の凛々しさが際立つ一枚なのでした。

そしてもうひとつは、市内の自然観察公園に
息子とルリビタキを見に行って、
去年来ていたブルーの濃い個体を、
また見られたこと。

20170226ルリビタキ高崎2

20170226ルリビタキ高崎3

ルリビタキは、私がいちばん好きな鳥。
もともとヒタキ類が好きなうえに、
ブルーと白と山吹色の色の組み合わせが
とにかく好きで、
友だちがやっている文具イベントで
紙巻き鉛筆を作ったときも、
この色の組み合わせにしました▼

DSC_0646

美しい色や、絵、写真、
そして凛とした自然には励まされます。
ルリビタキに感謝の一日でした。